遊慈のEasy Life

SWフィグ プレ・ヴィズラ

 本日の紹介は、先日クローン兵士の可動削減を嘆いていたSWフィグから、マンダロリアン・デス・ウォッチの首領であるプレ・ヴィズラです。え?ジャンゴ・フェットぢゃないですよ。
c0093829_167536.jpg
 何故にジャンゴと似たようなアーマーをしているかと言いますと、ジャンゴはかつてマンダロリアンに属しておりまして、そこでの装備が「マンダロリアン・アーマー」と言う訳です。

 つまり、ジャンゴやボバがいかにも自分のモノのように装備していたアーマーは、元々マンダロリアンと言う組織(戦士団)のモノだったのですね。



 よく解らんのですが新シリーズのようで、パッケが新しくなっておりました。このシリーズは日本への正規輸入は無いらしく、通常より800円ほどお高めの値段設定でした。
c0093829_168102.jpg
 このシリーズは今までの再販色が強く、基本的には持っているコが大半でした。でもその中で、アーマーが綺麗な状態のキャプテン・レックスには、少し惹かれてしまいました。

 今までのクローンウォーズ版フィグと違う所として、カード&サイコロのようなモノが付属してきました。あっ、メットオフした素顔が先に出ちゃいましたね。
c0093829_1623640.jpg
 サイコロのマークは各能力値と関係しており、ボードゲームのように遊べるみたいです。

c0093829_16164195.jpg
 カードはこんな感じで、新しく付属してきたスタンドに差し込む事が出来ます。

c0093829_1616584.jpg
 劇中では因縁のあった、オビワンと並べて。メットなので、少し頭が大きいかな?

 このコは首領なので、メットと肩がけしたマントに、デス・ウォッチのマーク(三本線)があります。お馴染みのT字型ヘルメットは、その後クローン兵士へと受け継がれました。
c0093829_1617719.jpg
 背面のバックパックですがコレが曲者で、軸が短い&接地面が噛み合わない為に結構ポロリします。ミサイルも脱着出来ないなど、このアイテム唯一の鬼門箇所かと。

c0093829_16171654.jpg
 両太腿にあるピストルは、何気に色分けされているこだわりよう。ヴィズラの手首は人差し指が両手とも独立しており、きちんとピストルを持たせられる所はGJですね。

 もう一つの武器を紹介する前に、素顔のアップ。人を疑うような眼差し、痩けた頬など、劇中の腹黒い悪役っぷりを見事に再現しているかと。
c0093829_1629458.jpg
 ちなみに、デス・ウォッチとは好戦派の反政府組織です。この人物の持つ背景とか、デザインとかが私のツボで、テレビを観ていて凄く惹かれました。

 手段は良くないですが、その人なりに星(国)の事を考えており、根っからの悪人では無い感じなんですよね。オビワンとの一騎打ちの前には、ライトセーバーを返してますし。

 先程も少し触れましたが、このフィギュア唯一の致命箇所が背面です。オビワンの背中はバックパックを外してもきちんと造形されていますが、ヴィズラは真っ平らなんですよね。
c0093829_16291388.jpg
 それはそれで良いのですが、背中を隠す為に使えるバックパックがきちんと接続出来ないのが痛いです。デス・ウォッチは一般兵もいるので、ここだけでも改修してもらいたいです。

 そして、コレがもう一つの武器の『ダークセーバー』です!この武器は初めて知ったのですが、テレビで観ていて「このフィギュアは絶対に欲しい」と思いました。(←子供か)
c0093829_16472639.jpg
 このダークセーバーについては全く知らないのですが、何故かオビワンのライトセーバーとも斬り合う事が出来ました。ライトセーバーって、フォースが無いと使えないんじゃあ…。

 ちょっと刀身部分が短く感じますが、黒光りする質感がステキです。
c0093829_16473550.jpg
 劇中でヴィズラは、「我が先祖がジェダイ大聖堂から盗んだのだ」とか、ご先祖様の胸を張れないような過去を大声で自慢していましたけど(笑)。

 今までの写真で気付いた方もいるかもしれませんが、このコは可動箇所が凄く多いです。か、かあさん…SWフィギュアが足を広げる事が出来るよー!
c0093829_16474752.jpg
 開脚出来るSWフィグは今までにも出ていたのですが、その数は極めて少ないかと思われます。あっても、このグリーみたいにちょっとバランスが悪かったり。

 そのほか、例の手首可動も復活。可動箇所としては、クローン兵士の可動+開脚が出来ると言ったところで、私が望む可動箇所は全て抑えてくれている感じです。
c0093829_1711657.jpg
 ちなみに私は、「膝の2重間接」と「腿の横ロール」どちらかなら、横ロールが欲しいです。子供の頃から可動フィグで遊んでいるせいか、膝は90度曲がれば充分なんですよね。

 足首可動も復活したので、立て膝も可能になりました。
c0093829_171387.jpg
 ヴィズラの可動は優れたモノなのですが、同時期に造られたと思う「マンダロリアン・ポリス」には、膝から下の可動は全くありませんでした。何なんだろう、この違いは?

 そんな訳で、ちょっと良い感じのSWフィグを紹介致しました。気になる所は背中の処理のみで、かなりオススメのアイテムです。後は、正規輸入の道が開ければ良いのですが。
c0093829_1715066.jpg
 このシリーズでは新規造形っぽいグリーヴァス将軍も出ており、結構よく動きそうなんですよね。腕は可動が確認出来たのですが、パッケ越しだと膝の可動が見えにくかったです。

 膝が動かないなら2000円弱出して買う必要は無いのですが、膝周りは結構細かく色分けされていたりで動きそうな感じがし、ゲットするかどうか凄く迷っております~。
[PR]
by nekonekokoara | 2010-09-16 17:31 | その他玩具
<< 「海皇紀」45巻(完結)感想 『不如帰』天下統一への道-その十四 >>



当ブログは、ミクロマンを応援しています。どうも、管理人の遊慈です。バリバリのアナログ世代。皆さんお手柔らかに。基本的には平日更新です。
カテゴリ
全体
ミクロマン
食玩・ガチャ
その他玩具
歴史小説
雑誌・マンガ
リンクページ
日記
雑感
未分類
タグ
以前の記事
お気に入りブログ
他のブログ・HP系
最新のトラックバック
今日の玩具 (ミクロマン..
from Q部ログ
三国演義 関羽
from ホビーさんブログ
マーベル レジェンド シ..
from こだLOG-ACT2
G.I.JOE The ..
from えろぶろ at Excite
マーベル ユニバース シ..
from こだLOG-ACT2
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧