遊慈のEasy Life

マーベル・ユニバース ウルヴァリン

 さて、本日紹介するのは、マーベル・ユニバース版の『ウルヴァリン』です。
c0093829_19252552.jpg
 最近は、アニメでエラく男前なウルヴァリンも出ておりますが、やっぱりウル様はむさ苦しいくらいの男臭さが出ていた方がよく似合っていると思うのですよ。



 店頭で、一緒に安く売られていたアイアンフィストと比べて。
c0093829_19255371.jpg
 小男で、少しずんぐりしているウル様がよく出ていて、良い体格差だと思います。

 お顔のアップ。お世辞にも、塗装は良い状態とは言えませんね。コレは、成型色がグレーなところに、肌色を塗装した為だと思われます。ショウダウンでもあった仕様ですね。
c0093829_2003633.jpg
 とは言え、何となく「らしさ」が出ているので、個人的には許容範囲です。マイク付きのヘッドフォンと言うデザインも、結構お気に入りですしね。

 ウルヴァリンの特徴である3本爪は、接続されて造形されています。爪が一つ一つ独立しているとフニャフニャになってしまう弊害もあったので、コレはコレでGJな感じかと。
c0093829_2004249.jpg
 あ、そうそう。胸のハンドガンは、残念ながら外す事が出来ません。

 しかし、太腿のホルスターにあるハンドガンは脱着が可能です。ただ、このハンドガンはしっかりホルスターに固定出来ないので、普段は別に保管しておいた方が良さそうです。
c0093829_2004925.jpg
 気になる部分は、ヒジの曲がる角度が浅い事と、爪の取り外しが出来ない事ですね。爪を出しながら拳銃を構えるって、ちょっとねぇ…。

c0093829_20133778.jpg
 更に大型のライフルも付属しているのですが、やっぱり爪を出しっぱなしなのが…。

c0093829_20134640.jpg
 私が持っているMUでは初だったのですが、このウル様にはスタンドも付属していました。

 更に、股関節にも球体ジョイントで横ロールが設けられていました。
c0093829_20135262.jpg
 このウル様は、開発ラインとかコンセプトが今までのコとは異なるんでしょうか。どちらかと言うと、アイアンマンのフィギュアに近い造りですね。

 ただ、太腿の造形は干渉してしまう部分が多いので、そんなに可動範囲は広くないです。
c0093829_20153486.jpg
 立て膝は角度を調整しつつ何とかと言う感じですが、足首には横回転&縦可動が搭載されており、その可動箇所が多いのはGJですね。

 そんな訳で、マーベル・ユニバースのウル様を紹介致しました。
c0093829_2015401.jpg
 いくつか気になる点もあるのですが、全体的には凄くお気に入りになりました。コスチュームデザインも良いですし、何と言っても1000円弱でゲットしたアイテムですしね~♪
[PR]
by nekonekokoara | 2011-02-14 20:30 | その他玩具
<< 『不如帰』天下統一への道-その二十三 三国演義 アクションフィギュア 曹操 >>



当ブログは、ミクロマンを応援しています。どうも、管理人の遊慈です。バリバリのアナログ世代。皆さんお手柔らかに。基本的には平日更新です。
カテゴリ
全体
ミクロマン
食玩・ガチャ
その他玩具
歴史小説
雑誌・マンガ
リンクページ
日記
雑感
未分類
タグ
以前の記事
お気に入りブログ
他のブログ・HP系
最新のトラックバック
今日の玩具 (ミクロマン..
from Q部ログ
三国演義 関羽
from ホビーさんブログ
マーベル レジェンド シ..
from こだLOG-ACT2
G.I.JOE The ..
from えろぶろ at Excite
マーベル ユニバース シ..
from こだLOG-ACT2
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧