遊慈のEasy Life

ロードボット・シボレー コルベットC6R

 本日の紹介は、「ロードボット」と言うシリーズの『コルベット C6R』。コルベットと聞いて、吉川晃司さんの「ブラック コルベット」を思い出す私はもうオジさんでしょうか。

 以前紹介した記事をご覧になった方はご存じだと思いますが、このアイテムはミクロサイズ適応となっております。箱の上部にある「1:18」の文字が輝いておりますね。
c0093829_16123021.jpg
 ロードボットは何しろ大物なので、パッケージの開封をしながら撮影も同時に進めました。なので、記事中説明が至らない部分も多々あると思いますが、ご容赦下さいませ。

※以前のロードボット紹介記事は、下のリンクから確認をお願いします。
ロードボット・MR2(ビークルモード)
ロードボット・MR2(ロボットモード)



 ロボットモードでのフロント&リアビュー。MR2の時はビークルモードで梱包されていたのですが、コルベットではロボットモードでの梱包でした。    ※写真はクリックで少し拡大
c0093829_16124550.jpg
 比較として置いてあるミクロと比べると、その大きさが解って頂けるかと。

 ロードボットは体型が微妙なコも多いのですが、コルベットは上手くまとまっていると思います。胸のパネルはポロポロ取れて、撮影中は結構なストレスになりました。

 お顔のアップ。デザインナイフで少し削ったのですが、左目側には黒い塗料がベッタリと付いていました。と言いますか、ボディの所々に黒い塗料が飛び散っていたんですけど。
c0093829_1622391.jpg
 MR2の時は完全なガンダム顔でしたが、こちらは少しオリジナルティが感じられるかな。ヘッドそのものが大きめのサイズなので、ここは後でリペイントしたいですね。

 側面から見ると、運転席にあたるお腹はスカスカです。
c0093829_1622475.jpg
 この辺り、TFのバンブルビーとかはどうやって処理しているのかしら。

 可動範囲の確認。肩に少しクセがありますが、腕はよく動いてくれます。
c0093829_16454852.jpg
 上腕横ロールもありますし、特に嬉しかったのは、手首が回転してくれる事ですかね。

 立て膝が出来るなど、下半身も想像以上によく動いてくれました。
c0093829_16455656.jpg
 立て膝が可能なのは、前面のスカートが動く恩恵なのですが、このスカート可動は変形に関係無いので、関節の可動を広げる為の配慮みたいですね。コレは本当にGJ!

 こちらは変形の恩恵ですが、ヒザ上に横ロールがあるのも嬉しいところです。

c0093829_1646441.jpg
 余剰パーツ、と言う訳では無いのですが、こちらが付属の武器になります。

 フロントにあたるかぎ爪には、ライト&サウンドギミックがあります。
c0093829_16461458.jpg
 サウンドは、何かの破壊音と言うか、攻撃音と言う感じでした。

c0093829_1701844.jpg
 このかぎ爪は手に持たせる事ができますが、関節の保持力がそんなに高くはないので(ユルい程ではない)、決めたいポージングをさせる事は難しいですね。

c0093829_1702622.jpg
 こちらは、ビームライフルみたいな。コレも、手に持たせる事が可能です。

c0093829_1703444.jpg
 こちらは、シールドですね。ま、どう見ても車のリアスポイラーですけど(笑)。

 とまぁ、そんな訳でロボットモードの紹介でした。全体的には可動範囲も広く、関節の曲がる方向も不自然ではないので、このシリーズにしては可動域&デザイン性が高い方かと。
c0093829_1705455.jpg
 私の感覚としては、MR2のロボットモードよりも遊びやすいアイテムだと感じました。

 変形過程はすっ飛ばして、コルベットにギガゴゴゴ。変形自体はそんなに難しくないのですが、色々とカッチリしないところがありまして、最終的にフロントは固定しませんでした。
c0093829_17103141.jpg
 この写真で見る限りは、そんな不具合も感じられないと思います。正直、コルベットなんて全く知らないので、きっとコレがコルベットなんでしょう。うん、そう信じよう。

c0093829_17103811.jpg
 リアビュー。コルベットって、リアにエンジンがあるんでしたっけ?

 車の状態では、リアのライトが光ります。
c0093829_17104557.jpg
 心なしかサウンドも、エンジン音らしく変化したような…。

 少し暗くて申し訳ありませんが、運転席です。外車なので、当然左ハンドルなのね。
c0093829_17105480.jpg
 ハンドル、シフトレバー、バケットシートなど、かなり丁寧に造り込まれていると思います。ミクロ者にとっての肝心な足元には、空いてるスペースはあまり無い感じです。

 助手席側は、何と言う事でしょう。レース使用の為か、シートもありません。
c0093829_1726939.jpg
 ま、この車は完全な一人乗りとして割り切るしかないみたいですね。

 先程からちょくちょく出ておりますが、搭乗モデルはアクターミクロのケンちゃん。
c0093829_17261712.jpg
 クレイヴではアクロ側ですし、色合いが車と一番マッチするのがこのコだったもので。

 さて、ぶっちゃけ「ムリだろうな~」と思っていたのですが、男性ミクロでも乗れました!
c0093829_17262729.jpg
 流石に土禁仕様(足首を外す仕様)にはなりましたが、きちんとハンドルとシフトレバーに手を置く事も出来ました。もちろん、女性ミクロなどは、もっと乗せやすいかと思われます。

 ドアを閉じて、ガラス越しに見える俳優業のケンちゃん。追っかけとか来そうな雰囲気。
c0093829_17263539.jpg
 実は、正面からも写真を撮ったのですが、そちらは殆ど顔が見えない状態になりました。

 そんな訳で、ビークルモード「シボレー コルベットC6R」の紹介でした。
c0093829_1736309.jpg
 所々、カチッとしない箇所もありますが、変形過程で微調整を加えれば無問題なのかな?男性ミクロでも、足首を外すだけで乗れたのは、嬉しい&大きな誤算でしたね。

 このシリーズには、ガラス部分が黒のプラ成型のランクルなどミクロに適しないモノもありますが、このコルベットはオススメの方だと思います。機会がありましたら、ぜひぜひ。
[PR]
by nekonekokoara | 2011-10-21 18:00 | その他玩具
<< 『不如帰』天下統一への道-その三十六 東京ディズニーシー(ディズニー... >>



当ブログは、ミクロマンを応援しています。どうも、管理人の遊慈です。バリバリのアナログ世代。皆さんお手柔らかに。基本的には平日更新です。
カテゴリ
全体
ミクロマン
食玩・ガチャ
その他玩具
歴史小説
雑誌・マンガ
リンクページ
日記
雑感
未分類
タグ
以前の記事
お気に入りブログ
他のブログ・HP系
最新のトラックバック
今日の玩具 (ミクロマン..
from Q部ログ
三国演義 関羽
from ホビーさんブログ
マーベル レジェンド シ..
from こだLOG-ACT2
G.I.JOE The ..
from えろぶろ at Excite
マーベル ユニバース シ..
from こだLOG-ACT2
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧