遊慈のEasy Life

SWフィグ エンボ

 本日紹介するのは、セリパスと同じく「クローンウォーズ第17話・七人の傭兵」に出てきた『エンボ』。七人の中でも、元となった「七人の侍」を最も彷彿とさせるキャラですね。
c0093829_17453294.jpg
 このエンボはビンテージさんの記事でも紹介され、スゴク気になっていたアイテムでした。



 同じ賞金稼ぎであるセリパスと並べて。
c0093829_17454535.jpg
 エンボ1.99m、セリパス2.06m(メカニカルスーツ装着時)なので、エンボが少し小さい感じもしますが、まぁ良い感じの体格差ですかね。

 エンボの上半身アップ。
c0093829_17464118.jpg
 編み笠のような帽子が、侍(浪人?)を彷彿させてくれるかと。

c0093829_17465174.jpg
 この編み笠は取り外しが可能なのですが、内側には凸部ジョイントがあるため、エンボの頭頂部には穴が空いてしまっているのは惜しいところですね。

c0093829_1756116.jpg
 この編み笠はブーメランとして使ったり、シールドになったりするので、各所に銃やら刀やらのキズが付いております。この辺りの細かい設定の再現は、非常にGJかと。

 エンボの武器は、全てアーマーに収納する事が可能。
c0093829_1815446.jpg
 何この、最近のGIジョーばりの充実さ(笑)。

 こちらは、エンボのメイン武器であるボウキャスター。
c0093829_18269.jpg
 ボウキャスターの先端は、展開する事が可能です。

 こちらも、アーマーに収納されている振動ナイフ。
c0093829_1821595.jpg
 遠近両方の戦闘に対応している装備って素晴らしい。

 エンボのアーマーは、もちろん脱着する事が出来ます。
c0093829_1822569.jpg
 アーマーを外した状態でも、素体のデザインが崩れていないのは地味に良いですね。

 せっかく身軽になったので、このまま可動範囲の確認をば。
c0093829_18152733.jpg
 SWフィグの上半身の可動範囲は基本的に広いので、このエンボも充実の可動範囲を誇ります。こんな構えをさせると、ちょっとしたカンフースターっぽいですね。

 逆にSWフィグの下半身の可動は極力オミットされている事が多いのですが(特にドロイド以外)、このエンボは何故かエラく優遇されております。
c0093829_18153515.jpg
 普通は足の付け根しか動かないのに、膝曲げ&膝下の横ロール、更に足首の縦可動&回転まであります。流石に立て膝はムリですが、かなり表情のある動きをさせる事が可能。

 更にエンボの装備は、そつなくミクロに流用する事が可能。
c0093829_18154681.jpg
 ただ、アーマーには高めの襟があるので、頭は少し浮かせて付けた方が良さそうですね。

c0093829_18155424.jpg
 傭兵仲間であるセリパスと並べて。知力のエンボ、武力のセリパスみたいな感じで良いですね。ま、実際はエンボの戦闘能力もスゴク高いんですけども。

 更に、セリパスともう一枚。
c0093829_182728.jpg
 こうなると、他の傭兵仲間「スーギ」と「パラミータ」も欲しくなりますね。残念ながらパラミータは、劇中にてタンクの砲弾に討たれてしまいましたが。

 と言う訳で、「七人の傭兵」『エンボ』を紹介致しました。
c0093829_18271285.jpg
 手に入れにくいのが本当に惜しいですが、かなりGJなアイテムです。店頭で見掛ける事がありましたら、是非のゲットをオススメ致しますですよ。
[PR]
by nekonekokoara | 2011-12-05 19:00 | その他玩具
<< エツィオ・アウディトーレ・ダ・... 『不如帰』天下統一への道-その三十九 >>



当ブログは、ミクロマンを応援しています。どうも、管理人の遊慈です。バリバリのアナログ世代。皆さんお手柔らかに。基本的には平日更新です。
カテゴリ
全体
ミクロマン
食玩・ガチャ
その他玩具
歴史小説
雑誌・マンガ
リンクページ
日記
雑感
未分類
タグ
以前の記事
お気に入りブログ
他のブログ・HP系
最新のトラックバック
今日の玩具 (ミクロマン..
from Q部ログ
三国演義 関羽
from ホビーさんブログ
マーベル レジェンド シ..
from こだLOG-ACT2
G.I.JOE The ..
from えろぶろ at Excite
マーベル ユニバース シ..
from こだLOG-ACT2
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧