遊慈のEasy Life

JOJOの奇妙な冒険 フリーモーションフィギュア

 本日紹介するのは、以前に他の2種類を紹介したJOJOフリーモーションフィギュアをば。
c0093829_161792.jpg
 私は刀剣類が好きなので、シルバーチャリオッツは特に楽しみにしておりました。逆にハイエロファントグリーンは「ヌメヌメしたメロン」と言う印象が強く、ちょっと苦手なんですけど。

・「スタープラチナ」と「ザ・ワールド」の紹介記事はこちら

こちらは、KEITENさんのHP『micro-toys』の「FOR SALE」お取り扱いアイテムです



 本のようにデザインされた箱から、さっそく開封。
c0093829_1604389.jpg
 どちらの出来も良いですが、テクニシャンの印象のあるハイエロファントグリーンの方が、ややガッチリした体型になっておりますね。ま、気になる程ではないので無問題。

 まずは、ポルナレフの「シルバーチャリオッツ」から順番に紹介。
c0093829_1665772.jpg
 ヨロイを着込んでいると言う事で、ちょっとロビンマスクな感じ。私はキン肉マンではロビンマスクが一番好きなので、『刀&鎧』の組み合わせが好きみたいですね。

c0093829_167468.jpg
 基本の型はフェンシングなので、このコにはスタープラチナなどには無かった手首可動が設けられており、突きの構えをさせる事が可能。ま、劇中では切ったりもしてましたけど。

 更に嬉しい事に、「(折れた)アヌビス神の刀」まで付属します。つまりこのアイテムには、一つで二つのスタンドが付いている豪華仕様だった訳ですな。
c0093829_1671436.jpg
 手の甲に刻まれている車輪(?)の造形にも、かなりこだわりを感じますね。

c0093829_1619513.jpg
 二刀流。既にうろ覚え感タップリなんですが、こんなシーンがあったような。

 造形&付属品共に良好なアイテムですが、実は下半身の可動はあまり良くないです。
c0093829_1620095.jpg
 コレは腿のアーマーに厚みがあるため、ほとんど足を前に出せない為です。この可動範囲では、立て膝はもちろんのこと、立った状態でのポージングの幅も狭くなってしまいますね。

 さて、次は花京院典明の「ハイエロファントグリーン」を紹介します。
c0093829_1620791.jpg
 前述しましたが、イメージよりちょっとマッチョな感じですね。

 「ふぅ~、ヤレヤレだぜ…」と言う訳ではなく、このコには手首可動が設けられています。
c0093829_16201518.jpg
 手首の形状もさり気なく手刀っぽくなっているのも、ポイントが高いですね。

 「エメラルドスプラッシュ!」を再現出来る、と言うのがウリの訳ですな。
c0093829_17454782.jpg
 この仕様は、かなりJOJOを知っている製作者でないと出来ないと思いました。このクオリティで次弾が続けば、アブドゥルの「マジシャンズレッド」も期待出来たのですが…。

 何故か棚の奥に飾ってあった、HGガシャのハイエロファントグリーンと並べて。基本的にあまり好きでは無かったスタンドなのに、なんでまだ持っていたんだろ。
c0093829_1745565.jpg
 HGのモノは、造形的には随分前のモノなのであまり良くないですが、何気にクリアパーツが使われていたと、当時としてはかなり頑張った感じが見られますね。

 同じくHGの花京院と並べて…何だかんだで、ハイエロファントグリーン好きなのか、オレ。
c0093829_1746496.jpg
 流石に大きさも合わないので、最近の技術で造られたフィギュアで各スタンド使いが欲しいですね。特にハーミットパープルは、ジョセフが居てナンボですし。

 HG同士を組み合わせるとこんな感じ。
c0093829_17461268.jpg
 当時はJOJOのアイテムって少なかったですが、今は「超像可動」まで出ましたね。

 そして、このハイエロファントグリーンは、可動も良好でした。
c0093829_17595886.jpg
 このフリーモーションフィギュアに関して言えば、シルバーチャリオッツより格段に気に入りました。全4種類の中でも、一番出来が良いかもです。

 コレで、ジョジョ側の3人が出揃いました。マジシャンズレッドが無いのが本当に惜しい。
c0093829_180886.jpg
 以下、うろ覚えの記憶を頼りに、色々と遊んでみました。

 まずは、イギーの「ザ・フール」と絡めて。
c0093829_1801614.jpg
 スタープラチナが握り手なら、足元を掴ませるんですけどね。

 この「ザ・フール」は、先日紹介したスタンドコレクションフィギュアのモノです。スタンド使いが小型犬でしたし、サイズ比としては悪くないかと。
c0093829_1802321.jpg
 しかし、イギーは初登場時は人の顔にオ×ラをする下品なイヌでしたが、最後の戦いは熱かったですね。まさか、あのイギーに泣かされるとは思いませんでしたよ。

 こちらは、初登場時の「肉の芽」に操られてスタープラチナと戦った雰囲気で。
c0093829_18103941.jpg
 操られていた事もあり女医を平気で傷付けたりと、この時の花京院は悪かったですね。

 「えっ、これは?バカな、いきなり吹っ飛ばされている」…実際は、花京院でしたけど。
c0093829_18104794.jpg
 最後はDIOのスタンドの謎を解いて退場した花京院ですが、ストーリーを通じてあまり恵まれていない感じのキャラでしたね。初期はともかく、好きなキャラではあったんですが。

c0093829_18105641.jpg
 こちらは、アヌビス戦の再現。「死んじまうぞ」のヤツですね。しかし、「マジシャンズレッド」と戦った事もありますし、承太郎は結構味方同士で戦っていたんですな。

 そのマジシャンズレッドと並べて。
c0093829_1811337.jpg
 この二人は共闘していたイメージが強いので、こうすると絵になりますね。

 このマジシャンズレッドも、スタンドコレクションフィギュアのモノです。
c0093829_18264990.jpg
 サイズ的には、このアイテムの可動化は難しそうです。今は色々とスタンドのフィギュアも出ているみたいなので、加工しやすいモノがあれば挑戦してみたいですね。

 最終決戦の雰囲気で。こちらも実際には、スタンドでなく承太郎やDIO本人でしたが。
c0093829_18265632.jpg
 このあと承太郎は窮地に追い込まれるので、ポルナレフの行動はジャマ以外の何物でもありませんでしたが、この行動が「自分で心臓マッサージ」と言う名シーンを生みましたね。

 最後は、雰囲気の合っていたスグル様と絡めて。緑のコは本当に気に入っちゃいました。
c0093829_182759.jpg
 現状手に入れにくいアイテムではありますが、個人的には超像可動よりシックリきます。後は、せめて第2弾が出てくれれば、「マジシャンズレッド」は出たんでしょうが…惜しい。

 ミクロ者にはオススメですので、見かけましたら是非ゲットして下さいませ。
[PR]
by nekonekokoara | 2012-02-17 18:00 | その他玩具
<< 超変換!! もじバケる4 ジョジョの奇妙な冒険 スタンド... >>



当ブログは、ミクロマンを応援しています。どうも、管理人の遊慈です。バリバリのアナログ世代。皆さんお手柔らかに。基本的には平日更新です。
カテゴリ
全体
ミクロマン
食玩・ガチャ
その他玩具
歴史小説
雑誌・マンガ
リンクページ
日記
雑感
未分類
タグ
以前の記事
お気に入りブログ
他のブログ・HP系
最新のトラックバック
今日の玩具 (ミクロマン..
from Q部ログ
三国演義 関羽
from ホビーさんブログ
マーベル レジェンド シ..
from こだLOG-ACT2
G.I.JOE The ..
from えろぶろ at Excite
マーベル ユニバース シ..
from こだLOG-ACT2
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧