遊慈のEasy Life

『劇場版THOR』フィギュア ホーガン

 本日の紹介は、ソーに仕える三戦士(ウォリアー・スリー)の一人、通称冷血のホーガン。
c0093829_19173559.jpg
 『劇場版THOR』を観た方には、「浅野忠信さんが演じた」と言う方が解りやすいですね。

こちらも、KEITENさんのHP『micro-toys』の「FOR SALE」を利用してのゲットでした



 その主君ソーとの比較。やっぱり、このソーは少し小柄ですね…。
c0093829_19174525.jpg
 ソーは手が短めなのも気になる箇所でしたが、ホーガンのバランスは良くなっているかと。

 気になるお顔をアップで。見事に浅野さんしていると思います。
c0093829_1924084.jpg
 ただ、浅野さんは普段無精ヒゲなのに、劇中では何故か剃っているんですよね。アメコミのイラストを見る限り、ヒゲはあった方が良かったと思うのですが。

c0093829_192487.jpg
 原作通り、武器はメイス。う~ん、コレはもう少し大きい方が良かったかも。

 もちろん、マントは取り外しが可能。
c0093829_19241592.jpg
 この方がスッキリしますし動かしやすいので、この後の紹介はこのまま行きます。

 上半身の可動は、いつものハズブロ仕様と言った感じ。
c0093829_1931311.jpg
 ただ残念な事に、このホーガンは首が普通のボールジョイントになっています。ソーの首周りは優秀で、かなり上に顔を反らす事が出来たんですけどねぇ。

c0093829_19311279.jpg
 腰周りは、よく動いてくれます。これで首さえもっと動いてくれれば…。

c0093829_19372233.jpg
 少し態度が悪いですが、横になってヒザの曲がる角度の確認です。ヒザを立てている方が目一杯曲げた状態なのですが、ブーツの形状からか曲がる角度は浅いですね。

 なので、立て膝をさせるのはちょっと厳しいです。
c0093829_19372931.jpg
 写真では、メイスを支えにしての三点倒立をさせています。

 敵方のロキと絡ませて。
c0093829_193737100.jpg
 このロキはアジアンテイストなので、モンゴルモチーフのホーガンとは相性が良いですね。

c0093829_19374661.jpg
 ロキやソーにもフィギュアオリジナルの武器が付いていましたが、ホーガンも同様です。武器は大型のバトル・アックスで、造形&塗装共に前者2名より気合いが入っています。

 無双っぽく、叩き付けて衝撃波!みたいな。
c0093829_1947178.jpg
 大型武器は、持っているだけで絵になります。

c0093829_19471395.jpg
 そして何とこのバトル・アックスは、刃の部分を外すとアックス・ブレードと言う武器になるのです!トンデモ武器ではなく、デザイン的にも洗練されているのが素晴らしいですね。

 残された柄の部分も、槍だと思えばそう見えるかも知れない。
c0093829_19472190.jpg
 武器の中央にはポッチがあるので、背中にマウントでも出来るのかと思ったら、特にその為の穴は空いておりませんでした。何だろ、作業工程に入れ忘れたのかな?

 片方だけ刃を付ければ、アックスの雰囲気もまた変わってきます。
c0093829_19473439.jpg
 このバトル・アックス一つあるだけでも、遊びの幅はかなり広がってきますね。

 最近お気に入りのリオソウルに持たせて。そう言えば、スラッシュアックスはありますが、モンハンには純粋な『斧』って無いんですね。切って良し、叩いて良し、な感じですが。
c0093829_1956254.jpg
 今現在のMH3Gの進み具合ですが、ラギアクルスやドボルベルクのクエストをクリアして、ハプルボッカの素材を収集中です。ハプルボッカは、爆弾を食べさせるのが面白いですね。

 アックス・ブレードを持たせて、双剣な感じ。
c0093829_19563325.jpg
 何か、扇子を持って踊っているだけになりましたね。

 せっかくなので、ホーガンと戦わせてみた。
c0093829_19564126.jpg
 そう言えば、当然と言えば当然なのですが、モンハンでは人とは戦わないんですね。

 と言う訳で、アスガルドの勇士「ホーガン」を紹介致しました。
c0093829_19564877.jpg
 浅野さんが演じたと言う事もあり、日本では手に入れにくいアイテムかも知れませんね。三戦士には当然あと二人必要なので、こちらは気長に探していくつもりです。

 ま、「ボルスダッグ」はあるので、後は「ファンドラル」だけなんですけどね。
[PR]
by nekonekokoara | 2012-02-24 20:00 | その他玩具 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://nekonekopa.exblog.jp/tb/17535350
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by マス☆ドリ at 2012-02-25 00:25 x
こんばんわ!
マス☆ドリです。

確かに、マントがない方がスッキリして格好イイですね。
アックスがコレまたナイスな仕様ですね!プレイバリュー高っ!!

基本アナログな私は、携帯変えると使い方で戸惑います。

ハプルボッカを釣り上げるのも、面白いですよねぇ~。
Commented by KEITEN29 at 2012-02-25 01:26 x
いつもお買い上げいただきまして誠にありがとうございます!
いつも丁寧に「FOR SALE」ページへのリンクも付けてくださいまして、
感謝×感謝です!!

ホーガンは本当に浅野さんに似ていますよね~!
私も、アジア系の人のフィギユアを手にするのは、
イ・ビョンホン以来ですが、
また、同じようにハリウッド映画進出で、
フィギュア化される人が出てくれると、
また違った意味でフィギュア・コレクションが楽しくなりそうですよね!

こちらは、足首の可動が無いので、
ポージングニ気を使ったりしなければならないのが、
ちょっと難点ですが、
それ以外の点についてはすこぶる満足できる逸品ではないかと思います。

ファンドラルはお役に立てなくてスミマセン!
Commented by nekonekokoara at 2012-02-27 20:21
●マス☆ドリさん
マントは軟質素材なのでそんなに可動は妨げないのですが、
デザイン的にも無い方がスッキリしていて好みですね。

アックスの仕様には、本当に驚きました。
今までのオリジナル武器は微妙なモノが多かったのですが、こんなGJも出来たのかと。

>基本アナログな私は、携帯変えると使い方で戸惑います
私も今現在、全く同じような状況です。
と言いますか、軽すぎてポケットに入れているのを忘れて、洗濯しそうになりました(汗)。

>ハプルボッカを釣り上げるのも、面白いですよねぇ~
ハプルボッカも釣り上げられるんですね!アレだけ相手をしていて、知りませんでした。
ハプル装備は何とか揃えましたが、「納刀」のスキルが大剣使いには助かりますね。

ただ、「さびた塊」は大剣ではなく槍が出たので、
ナバルデウス対策として目下ランスの練習中です。
Commented by nekonekokoara at 2012-02-27 20:23
●KEITENさん
いえいえ~。「FOR SALE」ページへのリンクは、自分が一番使っていると思います(笑)。
今月も無事に例の日を迎える事が出来ましたので、また近々お伺いする予定です。

イ・ビョンホンの出来も良かったですが、今回の浅野さんも大満足の出来でしたね。
ともすれば、竹野内豊さんのフィギュア化なども期待出来そうなんですが。

そう言えば、劇場版GIジョー2では「ブルース・ウィリス」さんが出るそうですね。
前回のデニス・クエイドさんも激似でしたし、コレは期待しちゃいます!

最近のMUでは、首と足首の可動がハンパないですが、
このホーガンもコレだけ動けば不満はありませんね。
更に、バトル・アックスは、プレイバリューを一段と上げておりますし。

>ファンドラルはお役に立てなくてスミマセン!
いえいえ~。KEITENさんには、このホーガンのゲットでも大変お世話になりました。
おそらく日本ではホーガン(浅野さん)の方が人気だと思うので、
ファンドラルはその内手に入れられると思っているのですが…。
Commented by joefig at 2012-02-27 22:41
日本で活躍している俳優がハリウッド映画に出るというのも最近では珍しくなくなってきましたが、ついにハズブロからフィギュア化されるようになりましたか! そう思うとやっぱりストーム・シャドウは日本人の俳優にやってほしかったな……。
Commented by nekonekokoara at 2012-02-29 18:04
●joefigさん
そう言えば、日本人俳優としては「初」のハズブロフィギュア化なんですかねぇ、浅野さん。

>そう思うとやっぱりストーム・シャドウは日本人の俳優にやってほしかったな……
公開されてからは意外と素直に受け入れてしまいましたが、確かにコレはそうですね。
でも、ホーガンも本当はモンゴル系らしいので、多分メリケンさんにとっては、
日本も韓国もモンゴルも、「アジア系」でひとくくりにされているんだと思います。

ま、考えてみれば私も子供の頃は、
アメリカ系もヨーロッパ系も「白人」で全て同じ人種だと思ってましたからねぇ。
<< 『不如帰』天下統一への道-番外編四 携帯電話を換えました(無料) >>



当ブログは、ミクロマンを応援しています。どうも、管理人の遊慈です。バリバリのアナログ世代。皆さんお手柔らかに。基本的には平日更新です。
カテゴリ
全体
ミクロマン
食玩・ガチャ
その他玩具
歴史小説
雑誌・マンガ
リンクページ
日記
雑感
未分類
タグ
以前の記事
お気に入りブログ
他のブログ・HP系
最新のトラックバック
今日の玩具 (ミクロマン..
from Q部ログ
三国演義 関羽
from ホビーさんブログ
マーベル レジェンド シ..
from こだLOG-ACT2
G.I.JOE The ..
from えろぶろ at Excite
マーベル ユニバース シ..
from こだLOG-ACT2
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧