遊慈のEasy Life

ガツガツバトルフィギュア01 トリコ

 更新に少し間が空いてしまい、スミマセン。決して、モンハンに夢中な訳では…(笑)。
c0093829_16284833.jpg
 とまぁ、そんな訳で今日の紹介は、BANDAIさんから発売されました新シリーズ、ジャンプ漫画の「トリコ」のフィギュア。広告で見て、何気にちょっと期待していたモノです。



 パッケージは、こんな感じ。可動は11箇所と少なく感じますが、肩&肘&膝にリボ球らしきモノが使われているので、意外と可動範囲は広そうです。
c0093829_1628564.jpg
 サイズも13cmと、ミクロやGIジョーに比べて大きめなのですが、トリコはかなり背が高いので「並べてもまぁ悪くなさそうだな」と言うのもゲットしたポイントの一つでした。

 早速開封して、ミクロと大型のヴィランとの比較。やっぱりトリコ大きいですね。
c0093829_16314718.jpg
 トリコは身長220cmなのですが、ミクロの身長を180cmだとすると、フィギュアは234cm位ある事になっちゃいます。ま、トリコのイメージとしては、良い感じなサイズ比かな。

 気を取り直して、上半身のアップを。口元の塗装が微妙で、少し「すきっ歯」な感じ…。
c0093829_16315489.jpg
 実は、このフィギュア最大の欠点がこの写真にあるのですが、コレは後で後述をば。

 腕の可動箇所としては、両肩&両肘&両手首回転で計6箇所。前述した通り、肩&肘はリボ球もどきが使われているので、その可動範囲はかなり広いですね。
c0093829_1632280.jpg
 腰は回転のみですが、よく出来た服の造形などを考えるとコレはコレでベストかと。

 股関節の造りがどうなっているかはよく解らないのですが、微妙に横ロールが設けられている気も。ただ、コレも腰の造形の関係で、足を上げる範囲は写真の状態で目一杯です。
c0093829_16465760.jpg
 膝にもリボ球もどきが使われていますが、これまた造形の関係でその良さを活かしきってない感じ。足首が無可動なのは、値段(定価1200円)を考えると仕方ない感じかな。

 腕で6箇所+腰1箇所+脚が4箇所で、可動は計11箇所ですね…あれ?首の可動は?そうなんです、「可動フィギュア」を謳っているのに、首が動かないんですよ、コレ。
c0093829_1647443.jpg
 なので、腰の入った肩を突き出した感じのパンチを撃とうとしても、その方向を向けないんです。子供向けの安価なアイテムとは言え、この仕打ちはないですよ、BANDAIさん!

 ま、仕方が無いので、気を取り直してレビューをば。
c0093829_16471259.jpg
 付属品としては、右手を「ナイフ(と言う技)」の状態のモノに差し替えが出来ます。この手首は差し替えも楽にできて、出来の良さを感じさせるんですけどねぇ…。

c0093829_16472511.jpg
 少し動きをつけて。首が固定なのが、本当に惜しい。

c0093829_1659746.jpg
 左手は、フォーク。最近はコレで、敵の攻撃をガードしたりもしてましたね。

c0093829_16591519.jpg
 少し動きをつけて。首が固定なのが…。

c0093829_16592150.jpg
 こうやって手を擦り合わせると、「ジャキィ~ン」と言う金属音がします。しかし、ナイフ・フォークは「食」関係の技ですが、一番の得意技『釘パンチ』は全く関係ないんですね。

 とまぁ、そんな訳で「トリコ」のフィギュアを紹介致しました。造形とか値段以上の出来映えだと思うのですが、首の固定はそれを全て帳消しにする欠点ですね。
c0093829_16592827.jpg
 四天王だと、後日発売されるゼブラが好きなのでゲットを検討していたのですが、この仕様ではもう手は出さないと思います。本当に、「何やってんの、バンダイさん!」

                        ・
                        ・
                        ・

 とまぁ、ここでレビューは終了予定だったのですが、出来は良いので加工してみました。
c0093829_1781839.jpg
 頭側を見てみると、首と別成型になっているような…。でも、首を見ると接着されて髪の塗装が付いておりますし、やっぱり固定されていると言う事で良いと思います。

 ピンバイスで穴を開けてリボ球を差し込み、暫定的に乗せてみました。
c0093829_1782535.jpg
 感覚的には、あと2ミリくらい首を縮めないとですね。黒のリボ球を使っているので違和感がありますが、肌色のリボ球があればもっと自然な感じに仕上げられると思います。

 とは言え、動くようになったのはこの程度でした。
c0093829_1783222.jpg
 コレは髪の毛が干渉するのが原因なので、首の微調整と共に要加工ですね。

 それでもコレだけの加工で、腰の入った「釘パンチ」が絵になるようになりました。
c0093829_1783938.jpg
 初めから首が動けば割とオススメなアイテムなのですが、本当に惜しいですね。首を加工するのが苦でない人は、造形も良いですし、是非是非ゲットして下さいませ~。ではでは。
[PR]
by nekonekokoara | 2012-03-21 18:00 | その他玩具
<< 森の戦士 ボノロン(12.2月号) SWフィグ ダース・モール >>



当ブログは、ミクロマンを応援しています。どうも、管理人の遊慈です。バリバリのアナログ世代。皆さんお手柔らかに。基本的には平日更新です。
カテゴリ
全体
ミクロマン
食玩・ガチャ
その他玩具
歴史小説
雑誌・マンガ
リンクページ
日記
雑感
未分類
タグ
以前の記事
お気に入りブログ
他のブログ・HP系
最新のトラックバック
今日の玩具 (ミクロマン..
from Q部ログ
三国演義 関羽
from ホビーさんブログ
マーベル レジェンド シ..
from こだLOG-ACT2
G.I.JOE The ..
from えろぶろ at Excite
マーベル ユニバース シ..
from こだLOG-ACT2
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧