遊慈のEasy Life

特命戦隊ゴーバスターズ フルアクションバスターズロボ

 本日紹介するのは、食玩売り場で見つけた「特命戦隊ゴーバスターズ フルアクションバスターズロボ」。ぶっちゃけ、ゴーバスターズは見ておりませんが、コレは良いモノですよ。
c0093829_16313830.jpg
 ブラインドボックスでは無いので、各300円(くらい)で全4種類がすぐ集まります。



 まずは、以前紹介した「超可動合体!ゴーバスターオー」との比較。
c0093829_16313257.jpg
 超可動合体のコはミクロと同サイズでしたが、それよりかなり小さめですね。

 なのでサイズ的には、「ガンダムAGEジョイントアクション」と同じくらいです。
c0093829_16352197.jpg
 このガンダムAGEは、何故か第三世代のみ出ておりませんね…かと思ったら、今度は「ダンボール戦機」のLBXがジョイントアクションで出ると言うこの中途半端さ。

 このゴーバスターズにも敵は用意されていないので、唯一の敵ゼイドラと戦わせてみた。
c0093829_16351621.jpg
 うーん…ジョイントアクションは凄く良い出来でしたが、購買層が合わなかったかな?

 さて改めて、主人公機である「ゴーバスターエース」を紹介。
c0093829_16353752.jpg
 このフルアクション(以下FAとします)の何が凄いって、この状態で箱に完成品として入っていると言うこと。塗装を施したり、シールすら一切貼っていないんですよ。

 更に後ろには、ジョイント用の穴まで用意してあります。
c0093829_1639507.jpg
 私はコレ用のスタンドが無いのですが、既にジョイントアクションを越えた感が…。

 武器は、メイン武器である刀が一振り(名前は知りません)。
c0093829_163958100.jpg
 塗装はされておりませんが、モールドも細かく造形されていると思います。

 更に持ち手の大きさが同じだったので、超可動合体の武器を持たせる事も出来ました。
c0093829_16494493.jpg
 ちょっと形状は異なりますが、大型の剣になってより迫力が出ております。

 さて、可動範囲の確認ですが…とにかくよく動く!流石「フルアクション」と言う感じで、決めたいポージングをストレスなくさせる事が出来ます。
c0093829_1650456.jpg
 ただし、手首のみ固定…って、コレほとんどジョイントアクションの可動じゃん!

 スカートの部分は軟質素材なので、立て膝だって楽々OKです。
c0093829_16495883.jpg
 超可動合体には無かった、腿の横ロールがきちんと搭載されているのも嬉しい所ですね。

 ただ、足首を伸ばす可動範囲は少し狭く感じます。
c0093829_16501719.jpg
 写真のように、踵側(アキレス腱)を伸ばすのはまずまずなんですけどね。

 この足首は内側にはよく曲がるので、接地性は高いです。
c0093829_1702667.jpg
 とにかく動かしやすいので、写真のように何気ないポージングもサクッと決まります。

 さて、ここからは残りの3体を紹介。まずはゴーバスターエースに「ゴリラとウサギ」がくっついた「ゴーバスターオー」。超可動合体でもこの形状になりましたね。
c0093829_1701271.jpg
 ゴーバスターエースが38m、ゴーバスターオーが53.5mと言う事で、設定通りの身長差とは言えませんが、きちんと体格差が表現されているのは素晴らしいと思います。

 ゴーバスターオーをアップで。こちらは肩と前腕にシールを貼りましたが、顔は塗装済み。
c0093829_1703851.jpg
 8cmサイズのミニフィギュアなので、顔の塗装は本当に嬉しい&助かりますね。

 武器は、パワーアップした剣とウサミミクローの2つ。
c0093829_1702846.jpg
 こちらも武器の名前は解らないので、気になる人は自分で調べてちょ。

 ゴーバスターエースよりゴツいですが、可動範囲は変わらず良好です。
c0093829_1764820.jpg
 ただ、腕を広げる範囲のみ、前者と比べて狭く感じるかもですね。

 続きまして、「ゴーバスタービート」と「グレートゴーバスター」を紹介していきます。
c0093829_1763433.jpg
 ゴーバスタービートはゴーバスターエースと同じく1体でロボになるので41.3mですが、グレートゴーバスターは5体合体なので60.5mとかなり大型サイズになっています。

 ゴーバスタービートをアップで。これも、シール・塗装の追加は一切無しです。
c0093829_1717024.jpg
 実は、ゴーバスタービートは「スタッグビートル」と言うクワガタと合体して『ゴーバスターヘラクレス』になるのですが、こちらは今回ラインナップされておりません。コレは実に惜しい!

 一見ジャマになりそうな肩アーマーは独立して動くので、可動を一切妨げません。
c0093829_171769.jpg
 個人的には、このゴーバスタービートが一番凝った造りになっている気がします。

 ゴーバスタービートはクレーン車&カブト虫と変形するので、武器もそれに準じた形状に。
c0093829_17171176.jpg
 初めはボウガンだと思ったのですが、クレーンのフックが飛んでいくみたいですね。

 複数合体と違ってゴチャゴチャしていないので、可動は極めて良好。
c0093829_17171728.jpg
 こうなると、手首&足首に手を加えたくなりますが…やっぱり止めておこう(笑)。

 こちらは、最終形態(?)の5体合体の「グレートゴーバスター」。毎度の事なんですが、フォルムがゴチャゴチャしてしまう複数合体は、個人的にはあまり好きではありません。
c0093829_17223726.jpg
 グレートゴーバスターはゴーバスターオーと同じく、肩と前腕にシールを貼って完成。

 前述したスタッグビートルは、グレートゴーバスターのライフルとして少しだけ登場。
c0093829_17224334.jpg
 スタッグビートルはクワガタから戦闘機に変形するので、その名残りが見えますね。

 更にグレートゴーバスターは、大型の「バスターランス」を装備出来ます。
c0093829_17314410.jpg
 その全長はグレートゴーバスター自身より長いので、大変迫力あるモノとなっております。

 実はバスターランスは、各自に付いているパーツを組み合わせる事により完成します。ぶっちゃけ、ゴーバスターオーのパーツが無くてもランスの形になるのは、スルーの方向で。
c0093829_17311825.jpg
 ですが、4種類集めるとこうした武器が出来るのは、集める楽しみがあって良いですね。

 グレートゴーバスターの可動も、まずまずと言ったところ。
c0093829_19382542.jpg
 ただ、こちらもやっぱり腕を広げる範囲は、ゴーバスターオーと同じく狭めかも。

 全4種類のFAですが、個人的なオススメはこちらの2体です。
c0093829_19385130.jpg
 ガッシリした大型ロボが好きな人には、残りの2体の方が良いとは思われますが。

 てな訳で、「特命戦隊ゴーバスターズ フルアクションバスターズロボ」を紹介致しました。
c0093829_19383768.jpg
 ぶっちゃけ「ジョイントアクション」との違いは解りませんが、可動フィグとしては大変オススメです。後、「ゴーバスターヘラクレス」が無いのは痛いですね。ではでは、良い3連休を!
[PR]
by nekonekokoara | 2012-10-05 20:00 | 食玩・ガチャ
<< 完全版 いじめられている君へ(... ワンピース超造形魂 麦わらの一... >>



当ブログは、ミクロマンを応援しています。どうも、管理人の遊慈です。バリバリのアナログ世代。皆さんお手柔らかに。基本的には平日更新です。
カテゴリ
全体
ミクロマン
食玩・ガチャ
その他玩具
歴史小説
雑誌・マンガ
リンクページ
日記
雑感
未分類
タグ
以前の記事
お気に入りブログ
他のブログ・HP系
最新のトラックバック
今日の玩具 (ミクロマン..
from Q部ログ
三国演義 関羽
from ホビーさんブログ
マーベル レジェンド シ..
from こだLOG-ACT2
G.I.JOE The ..
from えろぶろ at Excite
マーベル ユニバース シ..
from こだLOG-ACT2
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧