遊慈のEasy Life

完全版 いじめられている君へ(朝日新聞社著)

 2006年と今年「朝日新聞」に掲載されました記事が、一つの本としてまとめられました。

 私は「いじめ」に対して何かを語れるほど詳しくも無いのですが、最低限の知識と関心、それに対して行動できる事を知るべきだと思って、折に触れてこの様な著書を読んでいます

 特に最近は、中学生や高校生辺りの「いじめ」がニュースなどで取り上げられる事が多くなっておりますが、私には11歳になる小学5年生の娘がおります。

 幸いにも、娘の小学校ではいじめの気配は無いのですが、時折児童の問題行動を耳にします。「先生に口汚く発言する」とか「級友にすぐに手を出す」と言うのが主な事例かな。

 私は父親としては珍しい方だとは思うのですが、PTAの役員として活動していた事があるので、学校の内情や他の保護者の方々もある程度は把握しております。
c0093829_213972.jpg
 そこで思うのは、問題行動をする児童は、正直保護者にも「?」と感じる所が見受けられます。もちろん全ての方がそうでは無いのですが、いわゆる「自分勝手」な感じです。

 私が子供の頃に悪い事をして何が一番怖かった(嫌だった)かと言うと、「その悪事を親に知られる事」だったと思います。単純に親に怒られるのが怖かったし、凄く恥ずかしかった。

 でも、今はその親がだらしなかったりするので、結局子供に対して「何が良くて、何が悪いのか」が教えられないのかなぁ、と。後は、子供に対してただ「無関心だったり」、ね。

 もちろん、私自身も成熟しているとは思っていないので、「子育て」については常に悩み、今回のようにそれに関する著書を読んだり、周りの人から色々な意見を聞いています。

 正直、この記事では何の答えも出ないのですが、「いじめ」や「虐待」に対して、『見過ごさない様に目を離さず、何が出来るか考え、それに対して行動出来る』人でありたいですね。

※今回の記事は、あくまで個人的見解です。不愉快に感じる方がおりましたら申し訳ないです。また、何か異見等がございましたら、その旨コメントをして頂けると勉強になります。
[PR]
by nekonekokoara | 2012-10-08 12:00 | 雑感 | Trackback | Comments(3)
トラックバックURL : http://nekonekopa.exblog.jp/tb/18530868
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by マス☆ドリ at 2012-10-10 15:05 x
こんにちは!マス☆ドリです。

なかなか 難しい問題ですね。

私も遊慈さんに共感できます。

人の親である私も、言葉使いの悪い子に注意をしない親や、電車内やスーパーなどで騒いでいる子供に注意しない親などを見ると、子供に対する教育に問題がありそうかな?とも…

しかし親だけでなく学校側(先生側)にも問題はあると思うので、どちらか一方だけでも解決しないと思います。

特にいじめてる側は被害がないので「うちの子に限って!」とか「学校内の事は先生の責任!」ではなく、当たり前だとは思いますが、家庭の延長上に学校があるので、
親と子供、子供と先生、先生と親、との会話が上手く回ると問題解決に少しでも近づくんじゃないかと…(言うだけなら簡単なんですけどねf^_^;)

親として未熟な上に人としても まだまだ未熟な私ですけど、子供の些細な変化に気付いてあげれるのは親なので、ちょっとしたコミュニケーションを常にとるように心がけながら、躾も出来たらと思ってます。
Commented by nekonekokoara at 2012-10-10 16:31
●マス☆ドリさん
コメントありがとうございます。

>子供に対する教育に問題がありそうかな?とも…
こう言うシーンは、最近割と見かけますよね。私もあまりに度が過ぎる時は注意するのですが、
それを受けて相手の親が「ほらほら、他の人に怒られるだろ」と言うのにまたガックリきます。
「いや、それはお前が子供に注意すべき事だろっ!」と、コレは心の声に留めておりますが。

>親だけでなく学校側(先生側)にも問題はあると思うので
特にこう言った問題がこじれるのは、結局「責任」を自分以外に押しつけている時だと思います。
当然、家に居る時に躾や注意をするのは「親」だし、学校では「先生」がその代わりなのだと。
でもその先生も腰が引けてて、今は子供に注意が出来ない先生の話もチラホラ聞きますね~。

私がPTAの役員として携わったのもそれで、学校の内情も色々と知る事が出来ました。
その時に以前あった問題の経緯も知る事が出来て、聞いていた話と違う事にも気付きました。
Commented by nekonekokoara at 2012-10-10 16:32
●続きです

なので、「親と子供、子供と先生、先生と親、との会話が上手く回ると~」と言うのは、
本当に大事なんだと思います。初めは解らなくても、根気よく話し合う事ですよね。

私も自分自身を「未熟」だと感じておりますが、
自分を「成熟している」と言う人の方が、ぶっちゃけ色々問題を起こしている気がします(笑)。
<< K&M 海洋堂「おじゃる丸」カ... 特命戦隊ゴーバスターズ フルア... >>



当ブログは、ミクロマンを応援しています。どうも、管理人の遊慈です。バリバリのアナログ世代。皆さんお手柔らかに。基本的には平日更新です。
カテゴリ
全体
ミクロマン
食玩・ガチャ
その他玩具
歴史小説
雑誌・マンガ
リンクページ
日記
雑感
未分類
タグ
以前の記事
お気に入りブログ
他のブログ・HP系
最新のトラックバック
今日の玩具 (ミクロマン..
from Q部ログ
三国演義 関羽
from ホビーさんブログ
マーベル レジェンド シ..
from こだLOG-ACT2
G.I.JOE The ..
from えろぶろ at Excite
マーベル ユニバース シ..
from こだLOG-ACT2
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧