遊慈のEasy Life

SWフィグ クラウド・カー

 本日紹介するのは、映画スターウォーズに出てきた小型大気圏内専用艇『クラウド・カー』です。名称のクラウドは、惑星ベスピンにある「クラウド・シティ」からですね。
c0093829_14311033.jpg
 このクラウド・シティはSWファンならご存じだと思いますが、捕虜となったハン・ソロがカーボナイト冷凍されちゃった舞台です。あと、ルークが出生の秘密を知ったのもここでしたね。



 クラウド・カーの背面。
c0093829_1431760.jpg
 基本的に一人乗りですが、劇中ではコレを繋げたツイン・カーも出てきました。

 機体の所々には、このようなマークがプリントされています。
c0093829_14362024.jpg
 パッケには、「クラウド・シティ・パトロール」とあったので、その表記かもしれません。

 一人乗りと言う事で小さめだと思っていたら、結構大きかったです。
c0093829_14362479.jpg
 きちんと乗り込むタイプなので、バイクと比べるとその大きさが顕著に表れますね。

 SW系ビークルのサガと言いますか、各所に色々なギミックがあります。
c0093829_14363296.jpg
 まずは、背面のジェットノズルの黒い部分を押すと、翼がシャキッと開きます。実際のクラウド・カーも翼が開いたかは知りませんが、こうすると見栄えが良くなると思います。

  更にこちらは手動ですが、前面のパネルを引き出す事が出来ます。
c0093829_1445593.jpg
 引き出したパネルの下のモールドも、良い味を出しておりますね。

 機首の部分は、ミサイルギミックで飛んで行きます。
c0093829_14442939.jpg
 ハズブロさんは、本当にミサイルギミックがお好きね♪

 機首の裏には、機銃が設置。コレは根本で回転させる事が出来ます。
c0093829_14452274.jpg
 機銃の少し後ろにある黒いのが、ミサイルギミックのスイッチですね。

 さて、ここからは肝心のコクピット部分の紹介です。
c0093829_1444419.jpg
 まずは、きちんと開くキャノピー。いや、もちろん開いて当然なのですが、先日紹介した「トロン」の「ライトサイクル」を思い出してちょっと感心してしまいました(笑)。

 コクピット内部には、シールで計器類などが再現されています。
c0093829_1450397.jpg
 ハンドルは特にはありませんが、座ったら中は見えないのでまぁ無問題でしょう。

 えー、確かこのクラウド・カーには付属のフィギュアがあったのですが、「古い&造形が良くない&動かない」と言うことで、早速ハキしちゃったみたいです。
c0093829_14504574.jpg
 てな訳で、モデルのパイロットは反乱軍のレッド・リーダーにお願いします。

 レッド・リーダー搭乗。
c0093829_14505152.jpg
 内部のスペースはかなり広く、フィギュアを楽に座らせる事が出来ます。

 キャノピーを閉めると、更に臨場感はアップします。
c0093829_14505648.jpg
 キャノピー越しに見える姿が歪むところに、何かより「らしさ」を感じますね。

 翼を出して、戦闘形態で飛行。
c0093829_14542094.jpg
 今思ったのですが、レッドリーダーには要ヘルメットでしたね。

 最後は、恒例のミクロマンを乗せて。元々コクピットの造りが広いので、ミクロマンだとかなり自由にポージングをさせる事が出来ますね。
c0093829_1544367.jpg
 私は確かコレを600円位でゲットしたと思いますが、まずまず遊べるビークルかと。デザインが好きな方にはオススメのビークルですので、店頭で見掛けましたら是非是非。
[PR]
by nekonekokoara | 2012-10-30 18:00 | その他玩具 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://nekonekopa.exblog.jp/tb/18619717
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by joefig at 2012-10-30 21:18
あのパッとしないデザインのツイン・ポッド・クラウド・カーに、まさかこんなバージョンがあったとは! ところどころシャープになって、ちょっとグレートマジンガーのブレーンコンドルみたいにも見えます。
元はナンボのもんでもなかったというのに、今回のバージョンはギミックも豊富に盛り込まれていてトイとして十分面白いです! 特に思い入れを感じさせない分、オリジナルなビークルとしての活用の余地が大ですね!
Commented by nekonekokoara at 2012-11-02 19:02
●joefigさん
何かこう、確かに劇中ではパッとしませんよね~。
科学力が違うのかも知れませんが、翼が無いのに飛んでいるのも少し違和感がありますし。

>ちょっとグレートマジンガーのブレーンコンドルみたいにも見えます
確かに!コレはよく似ていますね。アクセントにホワイトを塗装したら、更に似てきそうです。

>特に思い入れを感じさせない分、オリジナルなビークルとしての活用の余地が大ですね!
コレも仰るとおりで、塗装を加えると更にオリジナル感も増しそうですよね。
色合い的にはやっぱり、「赤・青・黄」の三色で揃えてみたいですね~。
<< 超変換大戦 もじバケるG3(極... GUNDAM CONVERGE... >>



当ブログは、ミクロマンを応援しています。どうも、管理人の遊慈です。バリバリのアナログ世代。皆さんお手柔らかに。基本的には平日更新です。
カテゴリ
全体
ミクロマン
食玩・ガチャ
その他玩具
歴史小説
雑誌・マンガ
リンクページ
日記
雑感
未分類
タグ
以前の記事
お気に入りブログ
他のブログ・HP系
最新のトラックバック
今日の玩具 (ミクロマン..
from Q部ログ
三国演義 関羽
from ホビーさんブログ
マーベル レジェンド シ..
from こだLOG-ACT2
G.I.JOE The ..
from えろぶろ at Excite
マーベル ユニバース シ..
from こだLOG-ACT2
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧