遊慈のEasy Life

造形王頂上決戦 ワンピース・エース

 本日紹介するのは、アミューズメント景品の造形王頂上決戦シリーズの「エース」です。

 この造形王頂上決戦と言うのは、色々な原型師さんが競って優勝を決めると言う、フィギュア界の促進大会みたいですね。ちなみに第1回の優勝は、「ワイパー」だったそうです。
c0093829_1455365.jpg
 このエースは決勝大会には残らなかったのですが、店頭で見て個人的には凄く気に入りました。お値段は、以前紹介した銀さんと同じく1200円也。原型師は「円応文彦」さん。



 まずは、全体写真から。こちらの高さも、銀さんと同じくらいの18cmです。造りはしっかりしているので、スタンドを使わなくても一応自立させる事が可能。
c0093829_1455043.jpg
 ちなみに、今回のVol.4では他に「ルッチ」と「ゾロ」が出ましたが、何故かルッチはルフィにヤラれた後の頭に包帯を巻いた姿で立体化。準優勝のゾロは、流石に良い出来でした。

 人形の命である、お顔をアップで。雰囲気としては、初期の顔立ちな気がします。好き嫌いや個人差はあるでしょうが、個人的にはこの顔が気に入って購入を決めました。
c0093829_1412945.jpg
 エースは単独行動が多かったので、一人で居ても絵になるところが良いですね。ヘタにゾロとかに手を出すと、それに合うフィギュア(ルフィ・ミホーク等)が欲しくなりましてですね。

 ちょっと見えにくいですが、クリアな炎の中にはきちんと「指さき」が確認出来ます。
c0093829_14121525.jpg
 ただ、箱の大きさの関係で、炎が少し横倒しになっているのが惜しいです。炎は上に伸びてナンボですので、ここは後でお湯かドライヤーで形を整えたいと思います。

 アニキの見事な肉体美。悪魔の実が無くても、ルフィを圧倒していたのも頷けます。
c0093829_14122034.jpg
 帽子から伸びた紐、それに付いている骸骨型のアクセサリーも良い出来ですね。

 白ひげのオヤジのマークも綺麗に再現されています。ワンピースが世界的になった事で、欧米でタブーとされているハーケンクロイツ(逆卍)から変更された曰く付きのマークです。
c0093829_1430283.jpg
 ただ、確か白ひげのマークは「卍(まんじ)」であって、「逆まんじ」では無かったと思うんですけどね。ま、この辺りは特にドイツ辺りの歴史が絡むので、ヘタな事は言えませんけど。

c0093829_14295352.jpg
 「ACE」の名前を彫った左腕のタトゥー。「ACE」と彫ろうとしたのを間違えて「ASE」と彫り、途中で直したのであろうところにエースらしさを感じられて、結構好きなポイントです。

 ログポースの造形も、非常に見事です。
c0093829_14384019.jpg
 内部には、うっすら赤と白の指針が見えております。

 銀さんの時もそうでしたが、良いフィギュアは足元にも手を抜きません。
c0093829_14384342.jpg
 この履き慣れた感じの造形&塗装は本当に見事ですね。そうそう。写真は撮らなかったのですが、ブーツの裏にもきちんとモールドが造形されているのも素晴らしいと思いました。

 と言う訳で、造形王頂上決戦のエースを紹介致しました。あまり無可動フィギュアには興味が無かったのですが、この出来だと優勝作品の「ワイパー」も気になってきちゃいました。
c0093829_14385669.jpg
 造形王頂上決戦は第2回も予定されているので、このエースと対になる「マルコ」をお願いしたいです。流石に「オヤジ」ですと、サイズが全く合わないでしょうしねぇ。
[PR]
by nekonekokoara | 2012-11-26 18:00 | その他玩具
<< 三連休の過ごし方 SWフィグ ボバ・フェット >>



当ブログは、ミクロマンを応援しています。どうも、管理人の遊慈です。バリバリのアナログ世代。皆さんお手柔らかに。基本的には平日更新です。
カテゴリ
全体
ミクロマン
食玩・ガチャ
その他玩具
歴史小説
雑誌・マンガ
リンクページ
日記
雑感
未分類
タグ
以前の記事
お気に入りブログ
他のブログ・HP系
最新のトラックバック
今日の玩具 (ミクロマン..
from Q部ログ
三国演義 関羽
from ホビーさんブログ
マーベル レジェンド シ..
from こだLOG-ACT2
G.I.JOE The ..
from えろぶろ at Excite
マーベル ユニバース シ..
from こだLOG-ACT2
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧