遊慈のEasy Life

マローダー・オフィサー(レッドファクション・アルマゲドン)

 本日の紹介は、店頭で980円とお手ごろ価格だったのでゲットしたこのフィギュア。「レッドファクション」と言うゲームのキャラクターで、エイリアン(敵?)側になるようです。
c0093829_1115696.jpg
 発売先のメーカーさんは、以前紹介したアサシン・クリード等と同じ会社のようですね。

こちらは、KEITENさんのHP『micro-toys』の「FOR SALE」お取り扱いアイテムです



 パッケージは、こんな感じ。
c0093829_11152417.jpg
 上段の人間と、下段のクリーチャー型のフィギュアが気になりますね。

 開封。サイズは、いつもの3.75インチです。
c0093829_11232860.jpg
 比較用にスネークアイズを並べましたが、雰囲気としてはスターウォーズっぽいですね。

 上半身をアップで。
c0093829_11234554.jpg
 店頭で見た時はマスクキャラとも思ったのですが、エイリアンとすればこの状態が素顔なんでしょうね。そうだとすれば、ますますスターウォーズな世界観だと思います。

 背面も結構オシャレなので、写真を撮ってみました。
c0093829_11233934.jpg
 個人的には、襟元から生えている角が何故かお気に入りです。

 付属品は、銃器類が二丁。
c0093829_1129425.jpg
 出来れば、もう一つ小物類を付けてもらえれば大満足でしたね。

 こちらはハンドガン…と言うか、大きさ的にはサブマシンガンかなぁ。
c0093829_11292151.jpg
 エイリアン側なのでどんな銃の色かは解りませんが、塗装は無く成型色のままです。

 こちらは、大型のライフル。
c0093829_11291486.jpg
 モールドも細かく、しっかり再現されているのはGJですね。

 ただ、どちらも銃の幅に厚みがあるため、下部をしっかり支えられないんですよね~。
c0093829_11293240.jpg
 写真では結構強引に持たせているので、ここはちょっと惜しいポイントです。

 「腕を大きく上げて~」っと、ここからは可動範囲の確認です。肩当てのある服のため少し動きは再現されてしまいますが、まぁ気になる程では無いので無問題。
c0093829_11353879.jpg
 首・腰なども、充分な可動範囲が確保されていると思います。ちなみに洋服はがっちり接着されているので(と言いますか、ボディにジョイントされています)外す事は出来ません。

c0093829_11354441.jpg
 立て膝も楽々オーケー…と言う訳にはいかず、洋服の裾で支えてそれらしく。

 惜しい事に、このメーカーさんはいつも膝が一軸なんですよね~。ま、一軸でも構わないのですが、せめて膝がきっちり90度曲がってくれると嬉しいんですけど。
c0093829_11354918.jpg
 足首は、縦可動&横回転で及第点の造りだと思います。

 適当にポージングさせて。う~ん、やっぱり立て膝はさせたいなぁ。
c0093829_11355510.jpg
 全体的には「よく動く&頑丈な造り」で、かなり遊べるアイテムですね。

 と言う訳で、ゲーム界から「マローダー・オフィサー」のフィギュアを紹介致しました。
c0093829_1146523.jpg
 塗装や造形も進化している気もしますし、これからヒザが二重関節になってくれればかなりオススメのアイテムになってくるんですけどね。好みと予算が合うようでしたら、是非是非!
[PR]
by nekonekokoara | 2013-04-11 12:00 | その他玩具 | Trackback | Comments(3)
トラックバックURL : http://nekonekopa.exblog.jp/tb/19824237
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Ark-Daikan at 2013-04-14 17:11 x
どうもお久しぶりのArk-Daikanです。
コメントしたい事はたくさんあったのですが、どうも辛辣な意見になりそうだったので今まで自重していました。
で、このマローダー、エイリアンである事前提でレビューしていますが、実際にゲームをプレイしているか、あるいはレッドファクションについてよく調べているかでないと解らないのですが、
実は彼らはれっきとした人類です。(もちろんこの顔はヘルメット)
レッドファクションは火星が舞台のゲームなのですが、マローダーはかつて火星移民者を酷使していた悪徳企業アルター社関係者たちのなれの果てで、
地球防衛軍と名乗る組織によって辺境に放逐され、長い年月のうちに蛮族と化したそうです。(ただし後にこの地球防衛軍が火星の暴君となる)
そんなわけで基本的には敵キャラではあるものの、マローダー自体が敵対組織というわけではなく、
アルマゲドンの前作に当たるゲリラでは、利害の一致によって主人公と共闘したこともあるようです。
Commented by Ark-Daikan at 2013-04-14 17:13 x
字数制限により前コメントの補足
ちなみにアルマゲドンでは前作の主人公の子孫に当たる今作の主人公がマローダー達が苦闘の末に封印したエイリアン(パッケージ裏の下段の2体)をうっかり解き放ってしまったために敵に回してしまったようです。
Commented by nekonekokoara at 2013-04-15 16:40
●Ark-Daikanさん
ご無沙汰しております~。
コメントはあまり気になさらず、おヒマな時に軽~い気持ちでして頂ければと思います。

>エイリアンである事前提でレビューしていますが~
詳しい説明、ありがとうございます!

一応記事を作る前に公式HPは少し見たのですが、正直内容があまり解りませんでした(笑)。
パッケ裏にはプロフィールがありますが、英語なので半分も理解出来ませんでしたし…。

ストーリー性などはレッドファクションの方が深いと思いますが、
ガンダムAGEの「ヴェイガン」みたいな位置付けみたいですかね。
単純に、「人間だからと言って味方では無い」と言うのも共感できます。

>エイリアンをうっかり解き放ってしまったために敵に回してしまったようです
それは、マローダーさん達も怒りますよね(笑)。

最近ゲームは3DS以外プレイしていないので、
ストーリーを追ったアニメ(Fateみたいな?)でも製作してくれると助かりますね~。
<< モンハンフィギュア イャンクッ... 掌動-SHODO- ドラゴンボールZ >>



当ブログは、ミクロマンを応援しています。どうも、管理人の遊慈です。バリバリのアナログ世代。皆さんお手柔らかに。基本的には平日更新です。
カテゴリ
全体
ミクロマン
食玩・ガチャ
その他玩具
歴史小説
雑誌・マンガ
リンクページ
日記
雑感
未分類
タグ
以前の記事
お気に入りブログ
他のブログ・HP系
最新のトラックバック
今日の玩具 (ミクロマン..
from Q部ログ
三国演義 関羽
from ホビーさんブログ
マーベル レジェンド シ..
from こだLOG-ACT2
G.I.JOE The ..
from えろぶろ at Excite
マーベル ユニバース シ..
from こだLOG-ACT2
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧