遊慈のEasy Life

仮面ライダーカブト 感想

 私ごときが感想を書いても、大したモノは書けませんが、感じた事をチラホラと。
c0093829_2115590.jpg
 写真は、アクションポーズのハイパーカブト(左側)と、ワンダーカプセルのカブト(右側)。ワンダーカプセルというのは、チョコエッグの様なモノで、写真のフィギュアは、ほぼ原寸大です。この小ささは驚きでしょ?…写真のサイズは、ディスプレイによって変わるのかな?



c0093829_212116.jpg
 しょうもない感想の前に、もう少しワンダーカプセルの写真を。カブトゼクターや、後ろ側もよく再現されているのが、解ってもらえると思います。流石に、複眼の再現はムリだった様です。割とオススメの商品なのですが、この販売形態でのコンプリートは、虫歯になる覚悟が必要ですね。ちなみに、仮面ライダーシリーズは第1弾で、全14種類+シークレット1種。


 ここから本当に感想。キャラクター別に記載していきます。…読まなくてもイイですよ。

天道総司/仮面ライダーカブト:水嶋ヒロ
 言わずと知れた、最強俺様キャラ。その俺様っぷりは、最早爽やかさも感じられますね。苦戦した姿は、最終戦しか思い出せないなぁ。カブトを観て、初めてこの俳優さんを知ったのですが、「すげぇイケメンだ」と衝撃を受けたのを覚えています。

加賀美新/仮面ライダーガタック:佐藤祐基
 シリーズを通して、加賀美君は大好きなキャラクターでした。初めはヘタレ街道まっしぐらだったのが、ガタックに変身した辺りから、本当に顔つきが変わった様に感じました。ザビーの資格を返上する等、天道とは違う意味で英雄の器かと。大器晩成型だね。個人的には、天道より加賀美君の生き方に憧れます。

矢車想/仮面ライダーキックホッパー:徳山秀典
 初めはザビーとして登場し、パーフェクトハーモニーに胸を躍らせたモノです。その後の転落ぶり、「お前はイイよな」等の台詞で、これまた胸を躍らせたモノです。くぅこがこの俳優さんが大好きで、やさぐれた矢車さんを観てすぐに、「あ、くぅちゃんの好きなコだ」と気が付いたのにビックリしました。最後は…白夜探しの旅ですか、そーですか。

影山瞬/仮面ライダーパンチホッパー:内山眞人
 実は、一番感情移入していたキャラクターです。超人・奇人揃いのカブトの中で、凡人代表の彼が張り合ったのが、そもそもの間違いだったんでしょうね。ザビーゼクターに固執するあまり、悪い所が目立ちましたが、その力を欲する様は、人間社会に生きるほとんどの人が共感出来ると思います。でも、誘拐はダメよ。彼の死に涙した人は、少数でしょうね。

風間大介/仮面ライダードレイク:加藤和樹
 この人も奇人でしたね。俳優さんはイケメンでしたが。中盤は、良い感じでスパイスになっていましたが、後半は物語の進行から取り残されていました。間宮麗奈とのエピソードで、一段落と言う事でしたね。最終回に出てくれたので、良かったです。

神代剣/仮面ライダーサソード:山本裕典
 天道と並ぶ超人&奇人キャラ…だったのですが、お坊ちゃんが災いして頂点に立つ事が出来ませんでしたね。実はワームと言う重いテーマを持ちながら、キャラクターのお陰で暗くなかったです。影山と違い、彼の最後は多くのファンの涙を誘ったハズ。

日下部ひより:里中唯
 お顔が大変好みです。一人称、「ボク」もツボでした。実は、ネイティブだったのですが、最後はあまり触れられなかったですね。もう少しイジってくれても良かったのに…。

田所修一:山口祥行
 皆さんも大好きな田所さん。こんな上司が欲しいですね。最後は、ソバ屋さんになってましたが、ひより&田所さんが普通に暮らせるなら、影山も死ななくて良かったのではないか、と思ったり。最終回では、「平和だ×2」と、やけにハシャいでいましたね。

岬祐月:永田杏奈
 この人もステキです。神代剣とのエピソードは泣けましたが、ちょっと唐突かな?とも感じました。まぁ、恋の始まりなんて、いつも突然ですしね。

高鳥蓮華:手嶋ゆか
 えっと…何したっけ?このコ。パーフェクトゼクター辺りでは、キーキャラでしたが、もう印象に残ってないや。

天道樹花:奥村夏未
 このコも後半はほとんど出てこなかったですね。好感の持てる女優さんでした。くぅこが、某CMでこのコを見つけてました。ホントよく観ているなぁ。

ゴン(高山百合子):神崎愛瑠
 もっと、物語に絡むキーキャラになると思っていたら、結構アッサリとエピソードが終了しましたね。大介に対する態度が、とてもキュートでした。くぅこも、ゴンみたいになってくれたら言う事無いのですが。もちろん、私が大介で。(←え?)

じいや:梅野泰靖
 天道にも一目置かれる存在。デスノートで言うワタリですか。神代との最後のシーンは、良かったですねぇ。最終回にも出てきて欲しかったです。

加賀美陸:本田博太郎
 加賀美君のお父様。仲直り出来て良かったね。

三島正人:弓削智久
 いまいち、主義主張の解らなかったボスキャラ。結局何がしたかったんでしょうか?
 カブトとは関係ありませんが、今現在「龍騎」をビデオで観てまして、「ゴロちゃん」が毒の無いキャラでビックリ。ほとんどの人はカブトを観て、「ゴロちゃん悪くなったなぁ~」と感じていたんでしょうね。逆の私は、何か得した気分です。

根岸:小林正寛
 最後の方で、いきなり悪になった感があります。てか、最後にまだサナギ状態で驚いた。弱くてもいいから、そこは脱皮しときましょうよ。ちなみに、ウチの嫁がこの俳優さんを知っていました。私は芸能人に疎いので、見落とした俳優さんも結構いるんだろうなぁ。


 以上、どうでもいい感想でした。話は一年を通して全て観ているのですが、くぅこにジャマされたりして、8割位しか理解していないと思います。なので、抜けている所はご容赦を。
 演じられた俳優・女優の皆様には、一年間本当にお疲れ様でした。そして、面白い作品を観させて頂き、ありがとうございました。またブラウン管でお会いしたいですね。
c0093829_2121945.jpg
 最後に、ワンダーカプセルから、2号&ストロンガーです。2号は、全体的にツヤ加工がされていたりして、本当によく出来ています。2人のベルトも、良い感じでしょ?
 くぅこが、「パパが喜ぶから」と、買い物時にママにおねだりするそうです。いや、お前がチョコを食べたいだけだろ。食後の歯磨きだけは、忘れずにね♪
[PR]
by nekonekokoara | 2007-01-23 22:30 | 雑感
<< プラレス3四郎 2種類 レビュー 運だめし >>



当ブログは、ミクロマンを応援しています。どうも、管理人の遊慈です。バリバリのアナログ世代。皆さんお手柔らかに。基本的には平日更新です。
カテゴリ
全体
ミクロマン
食玩・ガチャ
その他玩具
歴史小説
雑誌・マンガ
リンクページ
日記
雑感
未分類
タグ
以前の記事
お気に入りブログ
他のブログ・HP系
最新のトラックバック
今日の玩具 (ミクロマン..
from Q部ログ
三国演義 関羽
from ホビーさんブログ
マーベル レジェンド シ..
from こだLOG-ACT2
G.I.JOE The ..
from えろぶろ at Excite
マーベル ユニバース シ..
from こだLOG-ACT2
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧