遊慈のEasy Life

教室の悪魔

c0093829_1993434.jpg 今日は、ポプラ社から出版されております、「教室の悪魔」と言う本を紹介します。
 ちなみに、「教室の小○魔」で検索すると、
内容が明後日の方向に行くので注意。

 スミマセン、戯れ言はコレでお終いです

 著者は、東京都児童相談センター、児童心理士の山脇由貴子さんと言う方です。この方の著書は初めて読むのですが、臨床家として幅広く活躍されているようですね。

 この本は、B6判148頁で880円(税別)するのですが、文庫サイズで500円位に抑えて、 より多くの人に読んでもらえる様にして頂きたいですね。

 さて、私はこの本を読んで、「現在のいじめがどのようなモノであるか」を知りました。私が子供の頃からいじめは大なり小なりありましたが、今のいじめは、「クラス全員が加害者」となるケースが多いようです。そして、その「いじめられる理由」と言うモノが存在しないので、誰もが被害者にも加害者にもなりえるとの事です。

 現在のいじめと言うのは、加害者が巧妙なやり方をするので、とにかく見付けにくいそうです。そして、その内容と言うのは、「死んだ方がマシ」と思える程過酷です。

 少し前にいじめを苦にしての自殺が連鎖しておりましたね。いじめられている子供は常にギリギリの状態でいるので、何かに背中を押されてしまうと、それが「死」であっても受け入れてしまうそうです。いじめと言うのは、間違いなく悪であり犯罪です。

 私にも子供がいます。来年の4月には小学生になります。今、私に出来る事は、「いじめを見逃さない事」、「いじめを見付けたらどうするべきかを知っておく事」だと思い、今回この本を購入しました。そして、いじめを見付けたら、被害者が我が子でなくとも手を差し伸べる責任・義務があるでしょう。

 ここまでが本を読んで私が感じた事です。感想は受け売り部分が大半ですが、これからも同様の著書を読み考え続ける事で、己の血となり骨になっていく事でしょう。この記事を読んで興味が出ましたら、是非手にとってみて下さい。図書館で借りても良いですしね。

 この後は、私が特に気になった事を、本の中から抜粋して格納しておきます。商業目的ではないので、おそらく問題ないですよね…。もしダメでしたら、すぐに削除を致します。



-------------------------------------

○被害者の子供は、自分の親が子ども思いで正義感が強いと信じているほど、いじめの事実を必死に隠そうとする。

○子供の心は複雑だ。言えないけれど、わかって欲しい。でも自分からは言えない。
だから、気づいて

○お父さんが一緒に問題に取り組んでくれることは非常に重要である。いじめと言う問題は、両親そろって取り組まなければ解決できないくらい、重要な問題なのである。

○加害者達は被害者が「いじめられるに値する人間なのだ」と言う理由を作ろうとする。「いじめられる側にも問題がある」とは絶対に考えない

○いじめは心の疾病である。大人の見えないところで子ども達の間に伝染してゆくウィルスである。けれどこのウィルスは、ウィルスに侵されていない人間だけがダメージを受けるという特徴を持つ。ダメージを受けないためには感染しなくてはならない。
 だから子ども達は、ダメージを受けないために、被害者にならないために、ウィルスに感染して加害者となってゆくのだ。
[PR]
by nekonekokoara | 2007-02-15 20:38 | 雑感
<< コブラ・スラッシュ & コブラ... ボムストライク VS クロック... >>



当ブログは、ミクロマンを応援しています。どうも、管理人の遊慈です。バリバリのアナログ世代。皆さんお手柔らかに。基本的には平日更新です。
カテゴリ
全体
ミクロマン
食玩・ガチャ
その他玩具
歴史小説
雑誌・マンガ
リンクページ
日記
雑感
未分類
タグ
以前の記事
お気に入りブログ
他のブログ・HP系
最新のトラックバック
今日の玩具 (ミクロマン..
from Q部ログ
三国演義 関羽
from ホビーさんブログ
マーベル レジェンド シ..
from こだLOG-ACT2
G.I.JOE The ..
from えろぶろ at Excite
マーベル ユニバース シ..
from こだLOG-ACT2
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧