遊慈のEasy Life

車の運転について、少し語ってみる2

 トヨタの「エコ替え」って、どうかと思う。廃棄する自動車はどうするの?焦点は燃費だけ?HPを見ると「リサイクル」についての項目があるのですが、TVCMだけ観てるとねぇ…。

-------------------------------------

 エラい前に車の運転について語りましたが、近頃また気になる事があるので、少しウダってみます。今回は車の運転と言うより、運転する側から歩行者や自転車に乗る皆さんへのお願いと言う感じかな?         写真のチョロQは、缶コーヒーワンダのオマケです。
c0093829_16531373.jpg
 近頃、車を運転していて私が感じるのは、イヤホンをしている歩行者や自転車に乗っている人が多いと言う事。コレはi-Podの普及による所が大きいのかと。(←私は持ってないですが。さすが微妙にアナログ世代)

 音楽を聴いていると言う事は、周りの状況を聴覚で判断しにくく、当然車に対する反応も遅れ気味になります。私も学生時代に、ウォークマン(若い人は知ってるかな?)を聴きながら歩いていた事もあるので、その危険性は体験済み。

 なので、偉そうな事は言えませんが、せめて音量をもう一回り小さくして、いつも以上に周りに気を配っていただければと思います。

 これは特殊な例ですが、私が実際にした体験を書いておきます。



 私が車を運転していると、右手にイヤホンをした自転車ドライバー(若い男性)が走っておりました。少し速度を落として隣りを抜けようとすると(道幅はそれなりにありました)、その自転車が後ろを全く確認せず左側に!

 速度は出ていなかったのですぐに止まれたのですが、一切気が付いた様子も無し。「さすがにコレはいかん」とクラクションを鳴らしたのですが、今度も一切無視。イヤホンをしていたとは言え、クラクションには気が付いたと思います。 おそらく、「車が勝手に止まるだろう」との考えなんだろうと思います。

 もし私が気性の荒い人間だったら、追いかけて何らかの文句を言ったかと。そしてコレは、おそらくケンカ等のトラブルの原因になるでしょうね。

 ま、今の話は、イヤホンの問題とは変わってくるのですが、

      ①イヤホンをしていなければ、車の接近に気が付いた。
      ②道路を横切るのに、後ろを全く確認していない。
      ③クラクションを鳴らしたのに、無視(頭を下げない・謝らない)。
      ④謝らないと言う事に対しての、トラブルを考えていない。
      ⑤車と接触しても、自転車側は交通弱者なので構わない(と思っている?)。

            …等の問題点が考えられるかと。これらは、あくまで私の主観ですが。

 現代社会において、自動車は必要なモノですし、歩行者や自転車に乗った方もいたりと、様々な走行形態があります。

 自動車に乗っている人は、歩行者・自転車サイドの気持ちで考え、歩行者・自転車に乗っている人は、自動車サイドの気持ちで考える、思いやり運転が必要だと思います (自動車免許を持っていない方は、難しいと思いますが)。お互いの立場で、出来るだけ良い走行方法を実践してもらいたいです。

 もちろん私も、100%歩行者などに対する思いやり運転が出来ているとは思っていないので、日々の運転や色々な話(情報)の中から、より良い運転が出来るように心掛けていきたいです。車の運転は、速度を出すより事故を起こさないのが何よりですよ。

※文中の「交通弱者」は、過失割合を算出する時の意。実際は、高齢者・子供等を指します
※表現には細心の注意を払っていますが、気分を害された方がいましたら申し訳無いです
[PR]
by nekonekokoara | 2008-06-12 18:27 | 雑感 | Trackback | Comments(11)
トラックバックURL : http://nekonekopa.exblog.jp/tb/9033212
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by いいんちょ@ at 2008-06-12 19:07 x
私は趣味の一つがサイクリングなんですが、たしかに自転車に乗りながら
イヤホンで音楽を聴くのは危ないですね。全く外の音が聞こえないんですよアレ。

人間の目は前方しか見えませんから耳は後方からの危険を知る重要なセンサーですので
私も自転車に乗る際はイヤホンで音楽は聴かないことにしています。

自分がチャリに乗ってて危ないと思うのは左折して出ようとする車ですね。
日本は左側通行なので、左折する時右側しか注視しないドライバーが多いんですよ。
そこに車の左側からチャリが車の前を横切ろうとするとドーン!

実は自分も過去1回ド突かれました(苦笑)
Commented by 赤帽子 at 2008-06-12 21:05 x
実はチャリで通勤しているワタクシです。
確かにイヤホンを着けると周囲の音が聞こえなくなりますよね。
僕は職場に行くまでに非常に車通りの多い道を進まなければならないので、
音楽を聴きながら、というのは絶対しません。

と同時にペーパー解消のために最近車で近所中をウロウロしてるんですが、
イヤホン着けたチャリは怖いですね。
いつ飛び出してくるかとヒヤヒヤしつつ、大きめに回って避けてます。

やはり『車の方が何とかするだろ』というのではなく、自分の身を守る事も
頭に入れといてもらいたいなと。と同時に自分も入れとかないとですね。
Commented by ビンテージ at 2008-06-12 22:59 x
自転車に対する罰則も変わりますし、これも大事な問題ですよね。ビンテージも免許は持ってますが普段は殆ど自転車が足代りですね。自転車に乗ってる方から見ると車は脅威に見えますが、車の運転席に乗ると自転車の(危なかしさが)脅威に見えますし、互いに注意を払いながら走らないといけませんよね。
Commented by ゼントラン at 2008-06-12 23:54 x
僕は車もバイクもバイクも乗るのですが。。。。バイク・ミニバイクの前に飛び出てくるイヤホン付きの自転車は本当に怖い。僕も事故りますからね。。。出来るだけ避けて走ってますが。
ちょっと話が変わりますが、逆に電気モードのプリウスとかもすごく怖いです。。。。

もうほんと、歩行者、自転車、バイク、車、それぞれが自分で気を付けるしかないんですよね。ホントに歩行者、自転車、原付には「止まってくれる」と思い込んでる人が多くて、その人らが一番危ないです。
Commented by nekonekokoara at 2008-06-13 16:55
●いいんちょ@さん
いいんちょ@さんは、サイクリングも趣味の一つでしたか。
私は、ここ数年乗っていないですが、プラプラと散歩するのが好きです。
徒歩でもイヤホンをしていると、音の静かな車等の接近にはまず気付きませんね。

>自分がチャリに乗ってて危ないと思うのは左折して出ようとする車ですね
コレはそうですね。
この問題点として、車のドライバーが人・自転車を最初から気にしていないと言う事もあるかと。
一時停止があってもそこで止まらず(歩道の手前)、車道の前で止まる車をたまに見かけます。
こちらは逆に、「人・自転車の方が止まるのだろう」と考えているのだと思います。

>実は自分も過去1回ド突かれました(苦笑)
おぉう、お怪我の方は大丈夫でしたか。
私は接触事故の経験は無いのですが、
危なかった事はあるので、今以上に気を引き締めたいです。
Commented by nekonekokoara at 2008-06-13 16:58
●赤帽子さん
自転車通勤、天気の日は気持ち良いですが、雨の日は大変になりますね。
雨で視界も悪くなるので、車に乗る側としてはスモールライトを必ず点けています。

>音楽を聴きながら、というのは絶対しません
私も人並みに音楽は聴きますが、事故の危険性を高めてまで聴くモノでは無いと思います。
車にはCDが付いていますが、嫁曰く、「聴いているのかどうか解らない」位の音量です。

>いつ飛び出してくるかとヒヤヒヤしつつ、大きめに回って避けてます
車の上手い下手は、乗っている時間にしか比例しないので、
慣れた所での練習は良い方法だと思います。場所は同じでも、同じ状況はまず無いですし。
「かもしれない」運転は基本ですが、「後ろを見ないで横切ってくるかもしれない」
なんて予測は普通しませんからね。あそこにいる女性は、「長澤まさみちゃんかもしれない」
位にありえない状況です(笑)。

>同時に自分も入れとかないとですね
「事故を起こしたくない」と言うのは皆さん同じハズですし、結局一人一人の心掛けですね。
中には、「当たり屋」なんて言う例外もいるのですが…。
Commented by nekonekokoara at 2008-06-13 17:00
●ビンテージさん
>自転車に対する罰則も変わりますし、これも大事な問題ですよね
自転車ばかりに意見がある訳では無いですが、携帯電話も怖いですね。
会話だけなら「まだ許容範囲かな?」とも思うですが、画面を凝視してるのはもう…。
日本は、交通弱者保護の働きが強いのも一因なのでしょうか。
高齢者や幼児を守るのはもちろんですが、
この働きが「当たり屋」の横行にも繋がっているみたいです。

>互いに注意を払いながら走らないといけませんよね
結局行きつく所は、ここなんですよね。「思いやり」ですね。
自動車を運転しない人(免許を持っていない人)には気が付かない事もあるので、
自動車ドライバーの立場から、意見をまた発信していきたいと思っています。

歩行者用信号と自動車用信号の赤信号になるタイムラグとか…。
Commented by nekonekokoara at 2008-06-13 17:03
●ゼントランさん
イヤホン付きでも、すごーく周りに注意してくれればまだアレなんですが、
実際は、聴覚がほぼ制限されていますからね。やはり止めてもらいたいですね。
イヤホンを付けている本人が、自ら危険性に気が付いてくれれば良いのですが…。
事故を起こしてから気が付いても遅い訳ですし。

>電気モードのプリウスとかもすごく怖いです
電気モードだと凄く静からしいですね。
日本の高級車も全然音がしないらしいですが、私は一生持てないかと(苦笑)。

>「止まってくれる」と思い込んでる人が多くて、その人らが一番危ないです
実際は、1割にも満たないと思うのですが、最近は本当に増えてきたと思います。
コレは車側にも同じで、余裕の無い運転の人が増えてきたと思います。
一人一人が自覚しなければならない事なので、法整備だけではなく、
長期的な取り組みが必要なんでしょうね。

このブログでも、機会がある時にまた取り上げていきたいです。
Commented by モリタク at 2008-06-15 01:15 x
遊慈さまの気持ちはすごくよくわかります。ただ、残念ながら、やはり自動車は「強」で自転車、歩行者は「弱」なのですよね。
私は運送会社勤めですので様々なケースの事故報をみるのですが、どんなケースでもやはり相手にケガさせた時点で車側の負けなのです。自重数トンの代物を時速数十キロで動かすこと、それは簡単に人に大怪我をさせる凶器でもあるということを、ハンドルを握る人間は常に認識しなければなりません。以前うちの会社の指導員に「事故を起こさない防衛運転に努めれば、タバコ吸う暇も物を食べる暇もラジオを聞く暇もない」と言われました。実際、教習所で習った各種目視確認を全て行なえばその通りになるのです。
確かに、昨今の歩行者、自転車のマナーは悪くなっているのかな、とも感じます。しかし、だからこそ私たちドライバーは「危ないなあ!」ではなく「あらかじめ気付けた、良かった」と言える運転を常に心がけるべきだと思うのです。事故を回避するのは、結局、相手では無く自分なのです。
ドライバー側には厳しいものとなってしまいましtが、プロとしてハンドルを握る立場からの意見でした。乱文、スミマセン。
Commented by nekonekokoara at 2008-06-16 15:20
●モリタクさん
鋭いご指摘ありがとうございます。
プロの方から見ると、私の考え方がまだまだ甘いと言う事を痛感致しました。

>自重数トンの代物を時速数十キロで動かすこと、
>それは簡単に人に大怪我をさせる凶器でもあるということ
コレは、私も常に自分自身への戒めとしております。ウチの娘はまだまだ小さいですが、
休日は隣りに乗せているので、事あるごとに車の危険性・マナーを言い聞かせています。
Commented by nekonekokoara at 2008-06-16 15:21
●続きです

>「事故を起こさない防衛運転に努めれば、タバコ吸う暇も物を食べる暇もラジオを聞く暇もない」と言われました。実際、教習所で習った各種目視確認を全て行なえばその通りになるのです。
目視確認については、(自身が)今現在の運転経験に基づいたモノになってしまってるのですが、
当然それでは良くない訳ですね。教習所で使っていたテキストはまだ持っているので、
もう一度確認してみたいと思います。

>「あらかじめ気付けた、良かった」と言える運転を常に心がけるべきだと思うのです
ドライバー側は、心からこの気持ちになれる努力(?心構え)が必要ですね。
とは言え、記事中の事態で頭も下げない(無視)となると、
やはり「カチーン!」と来てしまいます。(←だから、それを直せと)

教習所のテキストを読み直してから、また安全運転の記事を発信していきたいと思います。
素人考えではありますが、だからこそ気が付く事もあると思いますので。
改めて、ご意見ありがとうございました。
<< ショウダウン Dr.ドゥーム エンドア ビクトリー アクセサ... >>



当ブログは、ミクロマンを応援しています。どうも、管理人の遊慈です。バリバリのアナログ世代。皆さんお手柔らかに。基本的には平日更新です。
カテゴリ
全体
ミクロマン
食玩・ガチャ
その他玩具
歴史小説
雑誌・マンガ
リンクページ
日記
雑感
未分類
タグ
以前の記事
お気に入りブログ
他のブログ・HP系
最新のトラックバック
今日の玩具 (ミクロマン..
from Q部ログ
三国演義 関羽
from ホビーさんブログ
マーベル レジェンド シ..
from こだLOG-ACT2
G.I.JOE The ..
from えろぶろ at Excite
マーベル ユニバース シ..
from こだLOG-ACT2
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧